A short break from a busy but otherwise pleasurable day

“I just want my cup of coffee.”

Three steps out of the firm’s office–already he was interrupted.

“Harvey–I was just in the area and I wanted to hear your thoughts on the–”

“Bullshit you were in the area, Ronnie. I saw you jump the second you saw me. You were waiting for me.”

“Be that as it may–”

“Fuck you.”

Harvey walked off. Ronnie chased after him.

Continue reading

Vivre dangereusement… jusqu’au bout!

a parody of advertisement, written by Amérique Nakamura

He looked out the window. He saw up to the horizon. He cursed under his breath.

“Shit. Shit.”

Belmondo rushed out the room to the hall down the steps and into the kitchen and to Mrs. Franz.

She sat at the kitchen table. Legs crossed across the dusty surface. Feet up. Book in her hands.

Belmondo breathed heavy and said, “Mrs. Franz.”

Continue reading

Like a Virgin

“No way, nuh uh. I’m not telling you a goddamn thing.”

Cafe Sharktooth, night. Booth in the back. Bustling. Becky and Sawyer. A banana split and a half-eaten pie and a cup of coffee between them. Rockabilly from a jukebox somewhere.

Sawyer popped out and lit yet another Gauloises and set it between her lips and then said, “Why the fuck not?”

Continue reading

今までで一番こわかったこと

12歳の時に、一番こわったことがありました。その時、中学生でした。ギターを弾くことが好きなので、上手になりたかったです。「どうすればいいの?」と思いました。だから、毎日、れんしゅうするようにしていました。私のために、がんばりました。

ある日、中学校でリサイタルがありました。私とクラスメイトはギターを弾くつもりでした。初めてのリサイタルなので、ドキドキしていました。でも、リサイタルの前に、何かありました。

リサイタルの前に音楽室へ行って、れんしゅうするつもりでした。でも、入る時、電気が消してありました。そして、電気がつけませんでした。ぜんぜん見えなかったから、ちょっとこわったんですよ。でも、れんしゅうしたかったんですけど、そして、いすにすわったら、だれかこえを聞きました。びっくりしました。

そのこえが、ちょっと少女みたいでした。本当にすごく怖ったんです。さらに、ピアノも聞こえました。だれかが歌いました。でも、その人を知りませんでした。

「だれがいるの?」と言ってみましたが、その人は答えませんでした。「ゆうれいですか?」と言ってみましたが、その人はまだ答えませんでした。

私のギターを落として、「だれかたすけて!」と言いながら、走りました。友達とその部屋に帰った時に、もう誰もいませんでした。みんなは信じませんでしたが、こわったんですよ。